ピドヒール下駄

歩きやすい/疲れにくい/痛くなりにくい

翌日も疲れや痛みが残らない、実は運動生理学的に考えられた技術が用いられた優れものなのです。

快適!ピドヒール下駄とは・・・?

履き心地に拘った、機能性に優れた”足が痛くならない下駄”こと、「ピドヒール」のその秘密のポイントは3つ!

1.かかとの高さ

通常の下駄はかかとの高さは3~4cm ピドヒールは2~3cm高い6cm

美しい姿勢で立つために割り出された高さ。ふくらはぎがきれいに伸びて、見た目が美しくなる+楽な姿勢を自然と作れるのです!

1.かかとの高さ

2.左右違い

右足より左足の「つま先」が約3mm高い

運動学的に「指示脚」といって、方向を決める役割のある左足を少し高くすることで歩きやすくなるのです!

2.左右違い

3.つま先の傾斜

つま先を少し前に傾斜

人が歩くときに無意識に行う地面の足を指でつかむよう動きをサポートしているのです!

3.つま先の傾斜

さらに

足入れを快適にサポート

下駄の悩みは実は履く時にもあります。
足を入れるとき、鼻緒が狭くて履きにくく、大変だったことはありませんか?

ピドヒールは独特な形状で普通の下駄に比べて足入れがとっても快適です!

ピドヒール下駄は「みんながついらい思いをして履くのではなく、楽しんで履ける下駄を作りたい。それは喜ぶ下駄だ。」 という想いから生まれました。当時、東京工業大学名誉教授だった先生に監修いただき、科学的見地のもと、完成しました。

  • 監修:東京工業大学名誉教授医学博士 平沢弥一郎
  • 意匠登録:意匠登録第1207703号

ゆかたを着ると案外歩く。

花火大会や夏祭り、テーマパーク、イベント会場などゆかたを着て出かける場所では思いのほか、たくさん歩きます。慣れないゆかた姿、 何よりも履き慣れない「下駄」でたくさん歩くと疲れますよね!翌日、足がパンパンならまだしも、せっかくの楽しいお出掛けの最中に「疲れ」「痛み」を我慢したくないものです。

花火

そこで、「ピドヒール下駄」をぜひ、一度お試しください!

スタッフ・モデルも絶賛!

  • モデル写真
  • 今まで撮影で何足も下駄を履いてきましたが、こんなに足をフィットして履きやすい下駄ははじめて!同じ姿勢をキープするのも楽でいいこと尽くめでした!
  • モデル写真
  • 今までの下駄は撮影で少しの時間履くだけでも脱ぎ履きが大変でした・・・。でもピドヒール下駄はストレスなく脱ぎ履きができて感動!痛みもなくてさらに感動!嬉しいことばかりでした!!
  • モデル写真
  • 下駄は年に何回かしか履かないし、鼻緒の痛みはしょうがないものだと思っていました。でもこれは違う!足を入れた瞬間によさがわかります!絆創膏を貼って痛い思いをしてた昔の自分に教えてあげたいです。

※スタッフ・モデル個人の感想です。

»ピドヒール商品一覧はこちら

page topTop