ひとりでできる、浴衣着付け講座!

浴衣着付け編

  • 浴衣をはおり裾のラインを決める

    浴衣をはおり裾のラインを決める

    和装ブラをつけ和装肌着を着てからゆかたをはおる。衿先の少し上を持ち、くるぶしが隠れるくらいの位置に裾のラインを決める。

  • 身体に合わせて上前の幅を決める

    身体に合わせて上前の幅を決める

    左の衿先を持ち、上前の端を右の腰骨の位置に合わせて、上前の幅を決めておく。この時「1」で決めた裾のラインが下がらないように注意!

  • 下前を合わせて余った分は折り返す

    下前を合わせて余った分は折り返す

    上前の幅をずらさないよう一度広げ、つま先を少し上げて左の腰骨の位置で下前を合わせる。余った分は外側に折り返しておくと動きやすい。

  • つま先上がりに上前を合わせる

    つま先上がりに上前を合わせる

    上前はつま先を少し上げ、下前にかぶせて右の腰骨の位置に合わせ、ずれないように左手で押さえておく。

  • つま先上がりに上前を合わせる

    つま先上がりに上前を合わせる

    上前を押さえたまま右手で腰紐の中心を持ち、右の腰骨に当てて前から背中に回したら、お尻の上で交差させキュッと締める。

  • 腰紐を片花結びにする

    腰紐を片花結びにする

    腰紐は右脇で片花結び(片側だけが輪になる結び方)にし、余った腰紐の端は、はさみ込んでおく。

  • おはしょりを整える

    おはしょりを整える

    左右の身八つ口から手を入れ、中央から左右に滑らせるようにして前後のおはしょりを整える。

  • 衿の位置を決めて衣紋を抜く

    衿の位置を決めて衣紋を抜く

    片方の手で、左右の掛け衿を合わせて持ち、反対の手で背中心を引いて衿の位置を決めたら、握りこぶし1つぶん衣紋を抜く。

  • 左右の衿を合わせる

    左右の衿を合わせる

    左手を身八つ口から入れ下前の衿を持ち、上前の衿を左手で持って衿の合わせ目をノドのくぼみの中央に合わせる。この時「8」で作った衣紋がずれないように注意。

  • 2本目の腰紐を結ぶ

    2本目の腰紐を結ぶ

    腰紐の中心を右胸の下くらいにあて、後ろで交差させキュッと締める。右脇で片花結びをし、腰紐の端は、はさみ込む。

  • 背中に寄ったシワを整える

    背中に寄ったシワを整える

    腰紐を結んだ時、背中に寄ったシワは左右に伸ばして脇に集める。前にできたシワも同様に。

  • シワを両側に折り込んで整える

    シワを両側に折り込んで整える

    脇に寄せたシワは、目立たないように両側に折り込み、腰紐にはさみ込むようにして整える。

  • 腰紐の上からだて締めを締める

    腰紐の上からだて締めを締める

    腰紐の上からだて締めをあて、後ろに回して背中で交差させキュッと締める。キツく締めすぎるとおはしょりが崩れるので注意して。

  • だて締めを体の前で巻きつける

    だて締めを体の前で巻きつける

    だて締めは前で2回巻き付けてから逆方向にねじり、余った端はだて締めの間にはさみ込む。

  • 完成

    完成

    チェックポイント  衿が身体の中心で合わさっているか?
     おくみ線(上前の切り替え)が曲がっていないか?
     裾がややすぼまった状態か?

浴衣着付けPDFダウンロード「浴衣着付け編」(1.23MB)

get Adobe Acrobat Reader

浴衣着付けをdownloadになる場合は、Adobe Readerがインストールされている必要がございます。ソフトは右バナーより無償でダウンロードすることができます。

帯結び編

浴衣が上手く着られたら、次は帯結びに挑戦。まずは基本のシンプルな一文字結びから。

  • 「テ」を腕の長さ分とって半分に折る

    「テ」を腕の長さ分とって半分に折る

    帯の右側を腕の長さ分とり、折り目が下になるように幅を半分に折る。折った部分が「テ」、長い方が「タレ」になる。

  • 「テ」が上に出るように「タレ」を2回巻く

    「テ」が上に出るように「タレ」を2回巻く

    テの右端を身体の中心に当て、テが帯の上から出るようにタレの部分を2回巻く。この時苦しくならない程度にしっかり巻いておくこと。

  • 「テ」と「タレ」を持ってひと結びする

    「テ」と「タレ」を持ってひと結びする

    2回巻いたら、右脇から三角になるようにタレを折り上げ、タレの上にテを重ねたら、テが上になるようにひと結びする。

  • 結び目を縦にして帯の上にのせる

    結び目を縦にして帯の上にのせる

    結び目が縦になるようにギュッと締める。この時結び目が帯の上に乗るようにすると、あとから崩れにくくなる。

  • 「テ」を肩に掛けて「タレ」の結び目を広げる

    「テ」を肩に掛けて「タレ」の結び目を広げる

    テは邪魔にならないよう一度右肩に掛けておき、タレは結び目の根元から広げる。このタレの部分がリボンになるのでキレイに整えて。

  • 「タレ」を折りたたんで羽根をつくる

    「タレ」を折りたたんで羽根をつくる

    タレを端から内側に折りたたんで羽根を作る。羽根の大きさは肩幅が目安。最終的に羽根の中心が結び目と同じ位置にくるように調節して。

  • 羽根の中心をつまんでヒダを作る

    羽根の中心をつまんでヒダを作る

    折りたたんだ羽根の中心に山を作るようにギュッとつまんでM字型のヒダを作る。上下から折りたたむようにするとキレイなヒダが作れる。

  • 肩にかけていた「テ」を羽根の上におろす

    肩にかけていた「テ」を羽根の上におろす

    肩にかけておいたテを羽根の中心におろす。この時「7」で作ったヒダを崩さないよう、テをかぶせたら、羽根ごと右手で持ち替えて。

  • 「テ」で羽根を結ぶ

    「テ」で羽根を結ぶ

    右手で羽根の中心を持ち、タレの根元にできた輪の中にテをくぐらせ、上に引き抜く。キュッと締まったらテを左下におろす。

  • 余った「テ」先と結び目を帯の間に隠す

    余った「テ」先と結び目を帯の間に隠す

    余ったテ先は端から丸めてゆかたと帯の間に入れ込み、羽根の土台にする。結び目も帯の間に隠し、羽根を帯の上に持ち上げる感覚で形を整える。

  • 余った「テ」先と結び目を帯の間に隠す

    余った「テ」先と結び目を帯の間に隠す

    片手で羽根の結び目を、もう片方の手で帯の後ろ側を持ち、帯の結び目が背中の中心にくるように、時計回りに回して完成!

  • チェックポイント

     おはしょりはキレイに整っているか?

    前後とも、おはしょりに余分なしわやたるみがなく、ピシっと身体に沿って伸びてればOK。

     衿の合わせ目は身体の中心にあるか?

    衿の合わせ目はノドのくぼみが隠れるくらいの位置がベスト。

     背中心が曲がっていないか?

     上前のつまが上がっているか?

    裾がすぼまるようにスタイル良く。

     ウエストがくびれていないか?

    ウエストのくびれはNG。

浴衣着付けPDFダウンロード「帯結び編」(779kb)

get Adobe Acrobat Reader

浴衣着付けをdownloadになる場合は、Adobe Readerがインストールされている必要がございます。ソフトは右バナーより無償でダウンロードすることができます。

Page Top

女児浴衣セット100cm~130cm

女児浴衣セット140cm・150cm

男児浴衣セット・甚平

レディース

メンズ

キッズ・ジュニア