バーゲン期間中、送料・代引き手数料無料!

浴衣の着付けに必要なもの

浴衣を着る前に必ず確認しておきたいのが、着付け小物。
いざ着る日になって、あれがない!!なんて事になる前に、余裕をもって確認をしておいてくださいね。
久しぶりに浴衣を着てみたいけれど、どんな小物が必要か分からない。家にあるもので足りてるかな?
小物がいっぱいあるけど、なんでそんなに必要なの?という方も参考にしてみてください。

女性&ジュニア 浴衣の着付に必要なもの

インナー

インナー
浴衣に汗染みができないように、下に1枚着ておくのがおすすめです。
◆浴衣下スリップ
吸汗性も良い浴衣専用のインナー。裾がポリエステルのものはすべりが良く、裾さばきも良いのが特徴。昼間にスリップ丈のラインが見えそうな白や透け感のある浴衣なら少し長めのタイプがオススメ。
↓または↓
◆キャミソール(タンクトップ)+ペチコート
透け感が気にならない浴衣なら、汗を吸いやすい素材のキャミソールと、浴衣との摩擦が気になりにくいポリエステルなどさらりとした素材のペチコートでもOK。

腰紐

腰紐(2本)
すべりにくい素材でしっかりと結べるものを。
一般的に2本使用する方が多いです。
(補正をタオルでと思っている方はできればプラスで1本)

伊達締め

伊達締め
腰紐の上からしっかりと押さえ、胸元の着崩れを防ぎます。
マジックテープタイプが扱いやすく、初心者さんにもオススメです。
少しでも涼しくという方はメッシュ素材のものを。

コーリンベルト

コーリンベルト(お好みで)
慣れない着付けで崩れがちになる衿元を留めて、張りがあり綺麗な衿をキープするためのアイテム。
使用する時は、肩幅より少し長めに調整をしてから使ってみてください。
短すぎると衿元が詰まりすぎてしまったり、長すぎると綺麗にキープできなかったりするので、調整をしながら自分サイズを確認してしてみてください。

前板

前板(お好みで)
前に屈んだときや時間の経過でしわになりがちな帯の正面をきれいに保つためのアイテム。
造り帯の場合は特に使用をオススメします。
◆ベルト付前板
(帯を巻く前に着用するタイプ。体にフィットして、落ちる心配がありません。)
↓または↓
◆ベルトなし前板
(帯を巻いた後に差し込むタイプ。お手頃な値段で気軽にプラスできます。)

浴衣を着るときの下着の注意点は?

浴衣は凹凸が少ない体型の方が綺麗に着こなせます。そのため、普段使っている体の凹凸を出すようなブラはNGです。
普通体型の方は直接浴衣インナーでもいいのですが、落ち着かないという場合はスポーツブラのような押さえるタイプがオススメ。
バストの大きな方は、帯の上に胸がのっかってしまわないように、和装ブラを着用すると胸元が綺麗に整います。
平均体型の方にも、胸元を綺麗に補正するだけで着姿がぐんと綺麗になるので、ちょっと暑くてもキレイに!という方にはおすすめです。

着付け小物・セット

キッズ浴衣 着付けに必要なもの

肩上げ、腰上げのされている浴衣なら、たくさんの小物を使うことなく、簡単に準備ができます。
浴衣屋さん.comで取り扱っている120cmまでの浴衣なら、つけ紐が付いているので、腰紐を使用しなくても着られます。

インナー
浴衣に汗染みができないように、浴衣の下に肌襦袢やTシャツを1枚着ておくのがおすすめです。
・キャミソールやタンクトップ
(淡い色の浴衣や、透け感のある浴衣の場合は色や柄にも注意)

ラブ・サマーバーゲン MAX50%OFF

着付け小物セット

髪飾り

特急配送について

公式スマートフォンアプリ

レディース浴衣

有松鳴海絞り浴衣 浴衣反物

浴衣帯

浴衣コーディネート小物

着付け用小物

メンズ

キッズ・ジュニア

キッズ・ジュニア浴衣小物

100選シリーズ

アウトレット

ゆかたアウトレット

衣裳提供受付はこちら

Facebook

Facebook

ice crystal

Dreams on Ice 2017